2015年11月15日

製材所の仕事 賃挽き(チンビキ) 青森県東北町中吉製材所

製材所って、どんな仕事しているんですか?と聞かれることがあります。
私は青年海外協力隊隊員として(職種は製材技術指導)アフリカのザンビア共和国に3年間
滞在し、任期を終えて帰国。青森に帰り家業の製材所を継いだ。

IMG_0012 (1024x726).jpg


当時製材工場は県内に約600工場有ったのが、現在では約100工場余りに減ってしまった。
減った大きな要因は、安い外国木材の大量輸入により価格競争に負け、国産材が売れなくなり
工場の倒産・廃業が相次いだのだ。外材依存率が、一時80パーセント位まで上がった。

だいたい一つの町に、5〜10工場あったものだ。ところが今では製材所が無くなってし
まった町も有り、製材所を見たことが無い人が多くなった。だから上記のような質問を
されるようになったのだ。(上記の質問は、アフリカ出発前に皇居を訪れた際、当時の
妃殿下、今の皇后様にもお受けになりました。)製材所は、正に絶滅危惧職業だ。

製材所の仕事は簡単です。森林組合や個人の山持ち(林業家)から原木(丸太)を仕入れて、
それを工場の機械で建築材や土木用材などに製材。そして、天然乾燥・等級仕分け・結束
・販売となります。

この流れとは別に、お客さんが自分の山の丸太を持ち込み製材加工を頼まれ
ることがあります。これを通称「賃挽き=チンビキ」と言います。

珍木(本文とは関係ありません)
IMG_0778 (1024x1024) (2).jpg


9月のある日、杉の丸太2本が持ち込まれ賃挽きすることになった。

IMG_2226 (1024x677).jpg

中々良い丸太だが何かテープ付いている。
IMG_2229 (1024x683).jpg

「ワイヤー付き」。これは、原木をワイヤー集材した時にワイヤーが切れて、「丸太の中に
ワイヤーの一部が残っている可能性がありますよ」と言う意味だ。もしワイヤーが残っていて、
それを挽いたら帯鋸破損だけならまだ良いが、破損した鋸が機械から外れて操作している人(私)
に危害を及ぼす恐れがあるのだ。できれば挽きたくない丸太なのだ。でも仕事だ。

最初、大割り機で恐る恐る製材する。
IMG_2230 (1024x683).jpg


ヒヤヒヤ物でしたがワイヤーは出てきませんでした
IMG_2232 (1024x683).jpg


次は、小割り機械で小さく製材する。
IMG_2233 (1024x1024).jpg


小割りした製品
IMG_2235 (1024x684).jpg


賃挽きの場合は、このままお客さんに引き渡します。
IMG_2237 (1024x1024).jpg

IMG_2236 (1024x684).jpg


当社では、丸太1本でも賃挽きを承ります。樹種、木の太さ・長さなどにより
賃挽き単価が異なります。単価表がありますので参考にしてみてください。
IMG_20150724_0001 (1280x905).jpg

posted by koji at 19:36| Comment(0) | 製材工場

2015年03月13日

辛抱して使っていたらシャフト破断! 青森県東北町中吉製材所

例年の2月〜3月初旬までは、気温の低さや積雪などの理由により建設・土木工事が暇な時期
なのだが、今年は「地球がぶっかれたか?」と思うような馬鹿天気。

拠って、建設・土木工事のスタートが早くなった。同時に、我が工場も忙しくなり
早出・残業(いつものこと)が続いていた。製材機械の調子が良くないな〜、と思いながらも
辛抱して使っていたら、突然「ガクン!」という感じで機械がストップ。

分解して見たら、駆動部のシャフト(心棒)が破断していた。
IMG_0871 (1024x757).jpg

大急ぎで、十和田市の機械屋さんで旋盤加工してもらったが、工場は4日間ストップ。
この影響で、益々仕事が忙しくなり、ブログを書く時間・気力・体力が無くなり・・・。

辛抱して使っていたら心棒(シャフト)が折れた、というダジャレを書くには、話が
長すぎました。スミマセン。

今日、深刻な「申告」が終わったので明日からブログ、頑張ります。
ヨロシク・・・。

「話が長い!!」
IMG_3387 (1024x651).jpg
posted by koji at 20:18| Comment(0) | 製材工場

2014年05月17日

樹齢100年天然スギを製材 青森県東北町中吉製材所

長さ6m、末口直径54cm、樹齢97年の天然スギ。かなりレアな上物だ。
木の太さ、長さの比較の為、事務のOさんに立ってもらいました。

IMG_7206 (1024x684).jpg


長さ2.5間、幅5寸、厚さ1寸2分の長押(ナゲシ)4枚を、製材するために、丸太を探していた所、
青森県森林組合連合会・十和田流通センターの所長さんが見つけてくれた丸太だ。

長押は柾目挽きしてとるために、丸太の中心を通るようにノコを入れて、4ツ割にする。

IMG_7208 (1024x683).jpg


一回目のノコを、どこに入れるかかなり考えて勝負をかけたら、最高の柾目が出た。

IMG_7210 (1024x683).jpg


これも、毎朝拝んでいる広沼大明神様のおかげだと思い、あげ物を持って
juju君とお礼に行った。

IMG_7224 (1024x684).jpg


IMG_7223 (1024x684).jpg


広沼大明神様、ありがとうございます。
そして、十和田流通センターの所長さんに、お礼申し上げます。





posted by koji at 20:01| Comment(0) | 製材工場