2014年05月27日

カンムリカイツブリ日記12 青森県東北町小川原湖野鳥

カン君の巣が気になって、4時30分に家を出て現場に行った。

5月27日 午前4時51分

IMG_5855 (1024x684).jpg


周りにカン君がいないか見ていたら、近くにいた釣り人が「あら〜、がの卵あ、きな、カラスに
盗られだど」「さぎに、いっぱ、カラスあ、ちがぐさきて、いだずらしてよ、へだっきゃ、あのきれんた
鳥っこあ巣がら離れだお」「へしたっきゃ、もういっぱカラスあ空がら来て、卵が持っていったお」

ありがとう、おとっちゃん。犯人は、カラスだったのか。

残念ながら、これでカンムリカイツブリ日記は終了です。

それでも気になるので、夕方に行って見た。

遠くから見たら、巣の辺りが白く見えた。ひょっとして、巣に帰って又産んだのかもと
思いドキドキする。

近づくと、なんとアオサギが巣の上に立っていた。

IMG_5892 (1024x683).jpg


口を開けて何か言っているようだ。

「この巣ア、オサギにもらったぜ」



posted by koji at 19:55| Comment(2) | 野鳥
この記事へのコメント
コージさんの南部弁、生粋の南部人の私でも理解不能なところがありましたよ。でも、声にだして読んでみたらすんなりと分かりました。方言って頭じゃなく体にしみついているものなんですね。
Posted by 元祖山ガール at 2014年05月28日 06:56
おはよう!GYG
正しい南部弁かどうか分かりませんが、意味が通じたので安心しました。
朝早くからありがとう。
Posted by Woody at 2014年05月28日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: