2017年10月28日

第4回一人バードソン4 私ハマッシギ海に行った 青森県東北町小川原湖野鳥

平成29年10月22日(日)
小川原湖の湖岸道を1時間走っても初見の鳥っこに出会えなかった。
焦る気持ちを抑え、むつ小川原港に向かった。

むつ小川原港の防波堤から見る海は、グレーの厚い雲に覆われ荒れていた。
D11A9359 (1024x683).jpg

9時39分 26、オオセグロカモメ 背の色が濃いのでオオセグロでしょう
     セグロカモメとの判別が難しい
D11A9355 (1024x683)オオセグロカモメ.jpg

防波堤からぐるりと海を見回しても鳥がいない!太平洋に来て初見が1種だけかよ〜、
とテンションが下がったが、以前野鳥研究家の宮彰男さんから聞いた「鷹架C埠頭」
に行って見ることにした。雨が止んだので車から降り浜に出た。
IMG_8387 (1024x681).jpg

9時59分 27、ウミウ カワウとの違いは、くちばしの付け根の黄色い所が
         後方に向かってとがっている。(分かるかな)
D11A9361 (1024x683).jpg

カワウしか見当たらないので、もう少し岸まで行こうと歩き出したらなんと
目の前にびっしりと鳥ちゃんがすぐだまっていた。踏みつぶしそうなくらい
近くだったので、静かに後ずさりしてまずはパシャリ。そして図鑑を開き、
目の前の鳥っこを調べる。どうやらハマシギのようだ。

10時02分 28、ハマシギ
D11A9372 (1024x575).jpg

D11A9375 (1024x683).jpg

10時09分 29、シロチドリ (今、間違って尻血鳥と入力してしまった=バカだ!)
D11A9396 (1024x682).jpg

ここの砂浜で見たのはウミウ、ハマシギ、シロチドリの3種と思っていたが、後日
これらの写真を野鳥研究家の宮彰男さんに見てもらったらなんと2種も見落としが
あることが判明。ラッキー!

10時02分 30、トウネン 全部ハマシギに見えたが、よく見ると体が小さく
          くちばしが短いのが一羽いる。
D11A9365 (1024x683).jpg

10時11分 31、ミユビシギ ”けんけん”していたのでケガしているのかなと
思い、とりあえず撮っておいたのがこの写真。折り曲げた脚に指が3本見える。
D11A9405 (1024x684).jpg

10時12分 32、ハクセキレイ 「何しているの?」と見つめられた
D11A9409 (1024x684).jpg

止んでいた雨が降り出したので車に戻り、次の目的地「仏沼」に向かった。
続く

posted by koji at 19:57| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: