2017年07月29日

2017カンムリカイツブリ日記134 新カップル誕生 青森県東北町小川原湖野鳥

7月28日 午前6時0分 曇 気温22度

お宮ちゃん抱卵16日目
D11A8390 (1024x686).jpg

中流に見慣れない若者がいた。体がまだ小さく背の羽の色も薄いようだ。また、顔の
飾り羽もまだ短い。
D11A8393 (1024x669).jpg

近くにいた一羽が(中流にいたのでカンスケと命名)グーグー鳴き、後ろを振り返り
ながらさっきの若者を誘い下流の方に移動。
D11A8395 (1024x683).jpg

若者がついてきているのを確認してから頭を低くして止まった。
えっ!これは交尾の姿勢か?水上で交尾をするのか?もし交尾の姿勢だとすれば、
大きい方がメスか? (カンスケではなくムリチャンか)
しばらくこの姿勢のままだったが、追いついた若者が戸惑っている様子。
D11A8397 (1024x683).jpg

若者が背に乗ってこないので諦めたのか、ディスプレーが始まった。
D11A8400 (1024x684).jpg

ブリチャンのおんぶ子育て
 D11A8407 (1024x642).jpg

この日は6羽のカンムリカイツブリを確認できた。
中流の新カップルは7月25日に初見したが、26,27日は見ることが出来なかった。
25日は、巣材のプレゼントシーンを確認した。(写真は後日UP予定)
この日はディスプレーまで発展したので、今後の進展が期待できそうだ。
posted by koji at 20:16| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: