2017年04月08日

2017カンムリカイツブリ日記23 青森県東北町小川原湖

4月7日 午前6時24分

下流の定位置に見えたのはカンイチ君
D11A4009 (1024x683).jpg

ヨシの茂みからお宮ちゃんを誘ってこちらに向かって来た
D11A4010 (1024x683).jpg

「記念写真、撮ってー」とポーズを決める二人
D11A4013 (1024x668).jpg

中流のカンフユ1号
D11A4017 (1024x607).jpg

カンスケが見ている先には
D11A4022 (1024x683).jpg

カンフユ2号がいた。この後カンスケが近づくと、カンフユ2号は潜って逃げた。
D11A4025 (1024x683).jpg

今日は全部で6羽のカンムリカイツブリを確認できた。今の所争いは、強い方が相手を
威嚇して近づくと、喧嘩を売られた方は潜って逃げるケースが多い。争いの種はメスか
テリトリーなのかわからないが、そのうちに威嚇された側が逃げずに激しい戦いが
始まるでしょう。

写真を撮っていたら防風林に黒っぽいのが見えた。カラスだ。
もう抱卵しているようだ。
D11A4019 (1024x683).jpg

カラスちゃん、今カラ巣で抱卵とは大変ですね。
赤ちゃんが孵化すると子育てにクロウ(crow)しますよ。

posted by koji at 18:23| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: