2017年04月02日

2017カンムリカイツブリ日記17 青森県東北町小川原湖野鳥

4月1日 午後4時35分

今シーズン初めて支流まで上ってきているのはカンスケか
D11A3761 (1024x682).jpg

上流のカンタロウ・ブリチャン 巣の場所をこの辺に決めたのかな
D11A3786 (1024x683).jpg

違う角度からカンタロウを撮っていると
D11A3791 (1024x683).jpg

「あっちへ行け!」とバックキック
D11A3792 (1024x683).jpg

中流に居るのはカンフユ1・2号とムリチャンか 3羽の位置が三角形ということは三角関係か
D11A3802 (1024x682).jpg

下流のカンイチ・お宮 毎日ほぼ定位置にいるので陣地(テリトリー)が決定のようだ
D11A3807 (1024x683).jpg

この日は今シーズンで最も多い8羽確認できた。中流の3羽が争いもなく近い距離に
いるということは、まだ誰もペアーになっていないのだろう。

中々近くで見ることができないウミアイサが、一羽だけどじょう爺ポイントにいた。

潜って何かを捕っているいるようだ
D11A3772 (1024x682).jpg

何かをくわえて浮上
D11A3774 (1024x682).jpg

ザリガニのようだ
D11A3775 (1024x681).jpg

飲み込めるのか
D11A3776 (1024x683).jpg

ゴックン
D11A3777 (1024x685).jpg

ウミアイサ カモ目カモ科 L55cm
D11A3846 (1024x683).jpg

ウミアイサ君「あれだけお見合いして全部だめだったの?」「うん」
「一人は寂しいから、どウ、ミアイサいかいしてみたら」
posted by koji at 18:16| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: