2017年03月10日

オオワシを探して4 青森県東北町小川原湖野鳥

車を降りて山を振り返って見ると、杉の梢に大きな鳥が見えた。その時、鼓動の高まりと
武者震いのような震えが来た。落ち着くのだkoji君、と自分に言い聞かせ、ともかく逃げら
れる前に1枚撮る。
D11A2764 (1024x677).jpg

右のスギの梢にいるカラスと比べるとその大きさが分かる。
黒い背と白い尾羽、そして大きく立派な黄色いくちばし。オジロワシかオオワシのようだ。

すこし近づいてみた。こちらに気が付いているようだ。
D11A2757 (1024x684).jpg

この近さでも、薄学鳥知識の私ではオジロワシかオオワシか判別できない。
オオワシの特徴である白い肩羽が見えたら決定なのだがと思いレンズを覗いていたら、
なんと!羽を広げてくれた。
D11A2768 (1024x685).jpg

「しっかりと見たか」とワシ君がこちらを睨む。
D11A2769 (1024x669).jpg

「あ〜あ、肩羽が白くない」(少しがっかり)ということは、オジロワシか?
何度もシャッターを押しているうちに、ワシ君を少しでも大きく撮りたいと欲が出てきた。

思い切って崖を上り、平の所に出て杉の梢を見るとワシ君はもういなかった。
黙って遠くで見ていれば良いのに、と悔やむ。

トビが「もうカイト(帰った)方がいいよ」と低空飛行してきた。(トビ=カイト)
D11A2794 (1024x683).jpg

帰り道、ドキドキをクールダウンするためカケスの森で車を降り、湖のエビ漁を見ていた。
D11A2780 (1024x674).jpg

すると遠くの空に黒い点が見え、だんだん近づいてきた。なんだ、今度は。
D11A2781 (1024x683).jpg

肩羽が白い!この貫禄、これは完全にオオワシだ!初見初撮りNO.142!
D11A2783 (1024x684).jpg

誰かにこの興奮を伝えたいと思ったが、うっかり鳥の話など出来ない。なぜか鳥っこ好きは、
この辺りでは軽蔑した目で見られる。「鳥っこ、好ぎだのがあ」と言われて、会話が途切れる。

ノスリが飛んできた。「いがったノス、リベンジできて」
D11A2777 (1024x683).jpg

後日、杉の梢のワシく君を野鳥研究家の宮さんから鑑定してもらったところ、顔つき、くちばし
の大きさから「オオワシでしょう」ということだった。(断定はしなかった)
「オオワシは成鳥になると肩羽が白くなるがこれはまだ若いようだ」。とのことでした。
宮さん、ありがとうございます。







posted by koji at 20:43| Comment(2) | 野鳥
この記事へのコメント
オオワシ初見初撮りおめでとうございます!
kojiさんの興奮が伝わってきました。流氷の鳥というイメージが強いですが、青森にも渡ってくるんですね。あらためて小川原湖周辺の豊かな自然を思い知らされました。これからも鳥見観察、楽しみにしています。
Posted by 元祖山ガール at 2017年03月11日 16:20
小川原湖が結氷すれば氷に降り立ち見つけやすいそうですが、私は見たことがありませんでした。
オオワシは見たい鳥のトップだったので、やはり興奮しました。今も、また会いたい。もっと近くで会いたい、とオオワシloveの状態です。

コメントありがとうございます。
Posted by woody at 2017年03月11日 16:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: