2016年01月06日

初見初撮NO.136 ゴイサギ 青森県東北町小川原湖野鳥

平成28年1月3日(日) 車が無くトラックじゃ七戸川の方に行けない為、
カメラを持って実家の庭に行った。昨日は、オナガがオンコの木(イチイ)の実を食べに
来ていたので何かいるかな〜と忍び足で歩いた。

すると、まだ枯れた葉がしっかり残っているカシワの木から大きめの鳥が飛び立った。
目の前2mくらいの出来事だったので写真を撮る間が無かった。幸い近くの木に止まった
ので身を低くして近づく。なんだ!あの鳥は?こちらの様子を窺っている。
IMG_0870 (1024x683).jpg


逃げられないように回りこみ全体を撮った。
IMG_0888 ゴイサギ幼鳥ホシゴイ(1024x683).jpg


最初ホシガラスかと思ったが、野鳥研究家の宮彰男さんと三戸貞夫さんに鑑定してもらった
らゴイサギの幼鳥とのこと。幼鳥は翼に白斑が散在するので「ホシゴイ」と呼ばれるそうだ。

ゴイサギ コウノトリ目サギ科(今はペリカン科かも、調べてみます) L58〜65cm
本州・四国・九州で繁殖し、留鳥のものと冬季南下するものがいる。
冬季に幼鳥がこの辺で見られるのは珍しいと宮さんに言われた。ヤッタね!
宮さん、三戸さんありがとうございます。

1月10日 訂正 ゴイサギはペリカン目サギ科でした。
posted by koji at 19:28| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: