2016年01月01日

「高田水墨画館」の標柱の修理を頼まれる 青森県東北町中吉製材所

友人のエスパーニャのオーナーのブンちゃんから、ブンちゃんのおば様の故高田雨草さんの私設
美術館「高田水墨画館」の標柱の修理を依頼された。持って来た標柱は、スギ材で作ら
れていた為根元から裏側にかけて表面を少しだけ残し腐っていた。

切り取った根元
IMG_0563 (1024x768).jpg

当社と取引のある元宮大工のAさんに仕事を頼む。Aさんのノミなどの入った道具箱には、
総本山知恩院管主の為書があった。
IMG_0561 (1024x768).jpg


仕事中のAさん 表面を傷つけないように薄板を貼って養生している。
IMG_0565 (1024x769).jpg


完成 表面を壊さずに修理した安堵感が感じられる
IMG_0568 (1024x767).jpg


早速「高田水墨画館」に持っていく
IMG_9155 (1024x683).jpg


補強は表面から見えないように裏側から天然青森ひば材でガッチリされている
IMG_9157 (1024x682).jpg


ブンちゃんに標柱を土蔵の中に入れて置くように言われていたので入れる。
IMG_9159 (1024x669).jpg


土蔵にカギが無く無用心だと思い、横のほうにあった板を板戸の前に置いた。
ふと見ると板には墨で字が書いてあった。
IMG_9158 (1024x671).jpg


そこに立って何度も読み返した。自分も正にこの通りだと強く思った。
帰ろうとして振り返ったらきれいな緑色のガラスのランプが目に入った。
IMG_9162 (1024x683).jpg

もう少し近づいて撮ろうとしたら、木の根元から突然「バタバタバタッ」と大きい鳥が
飛び立った。キジの雌だ。キジは、遠くに飛んでいかずに直ぐ近くに降りてこちらの様子を
うかがっていた。
IMG_3265 (1024x683).jpg

キジを見ていたら、「コージ君ありがとう」と故雨草さんの声がしたような気がした。

posted by koji at 20:08| Comment(0) | 製材工場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: