2015年10月11日

第45回わくわく木工教室開催 青森スギで作る「私のイス」 青森県東北町ウッドランドなかきち

第45回わくわく木工教室を、青森県東北町小川原湖交流センター「木工室」
で開催した。今日は、青森スギで「世界でたった一つ私のイス」を作った。

久しぶりに参加のisami君(小1) 親の手も借りずにノコ挽きを頑張っていました
IMG_2340 (1024x963).jpg


地元東北町から初参加のTさん 「前から来て見たいと思っていたの。楽しいわ!」
と話していました。ベテランのTさん、Yさんから協力してもらい作りました。
IMG_2332 (1024x683).jpg

IMG_2342 (1024x1024).jpg


三沢から初参加のKさんご夫妻 寸法や製作手順などをメモして、正確な製作を心が
けていました。
IMG_2327 (1024x645).jpg


階上町から参加の常連のTさん 「用事があるので早く帰ります」と大急ぎで作りました。
IMG_2341 (1024x683).jpg


青森市から初参加のSさんファミリー 製作が楽しそうです
IMG_2324 (1024x669).jpg

お兄ちゃんのR君 ちょっと教えたら直ぐノコ挽きが上手くなりました
IMG_2330 (1024x752).jpg

青森市から初参加のKさんファミリー 二人で慎重に長さを測っていました
IMG_2329 (1024x683).jpg

弟のS君 足の位置、ノコの持ち方良いですね
IMG_2336 (1024x1024).jpg


完成した作品を持って記念撮影 
IMG_2346 (1024x571).jpg


今回は、イスはいくつあっても「いーすね〜」ということで、3回目となる「私のイス」作り
でした。初参加の人には、部材数が多く作り方がちょっと難しいイス作りは大丈夫かな?
と心配だった。でもプレカットは順調に進み10時20分に終わり「こびりタイム」。

スミ付けの部材が多く、意外と時間がかかり11時10分頃終わる。そして、いよいよ組み立て。
接合面に木工ボンドを塗っているので、釘を打つ時ぬらめぎ(ヌルヌルして動く)中々スミツケの
線通りに組むのが難しいようだった。脚が組み上がり床に置いてみたら多くの人から「先生、ガタ
ガタします」との声がかかる。私が「大丈夫です!座れば重さで直ります」と言うと大笑い。

ガタガタがひどい人は、薄い木片を短い脚の下に打ち調整していた。天板の釘打ちは、釘が短く
打ちやすいので直ぐ終わる。全員完成したのが12時30分。出来立てのイスに座り、「木の暖か
さが伝わってきて落ち着き、いいわ〜」や「作れないと思っていたが、出来て嬉しい」などの
言葉を聞き疲れが吹き飛びました。(吹き飛んではいません。クタクタです。)

今日は皆さん、ご苦労様でした。そしてありがとうございました。

注意点 脚の下にガタガタ調整の木片を釘で打った方へ 釘が床(フロアー)を傷つける恐れが
  有りますので何かでカバーすることをお勧めします。または、釘を抜き、長い脚を
  カットして調整する方法もあります。
posted by koji at 18:56| Comment(0) | わくわく木工教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: