2015年06月12日

初見初撮NO.130 アカアシシギ 青森県東北町小川原湖野鳥

6月1日、防風林でカッコウを見たあと、薄暗くなってきていたが小川原湖に行った。
野鳥研究家の宮さんが、夕焼けを背景にした鳥の写真を撮っていた。打ち合わせもし
ていないのに、これだけ朝に夕に会うということは、毎日小川原湖に来ているからだ。

さすが、「365日鳥男」だ。脱帽!その宮さんに、「コジュリンがあそこで鳴いているから
行ってみよう」と誘われる。行くと、50m位先のゴマ粒のように点を指して「ほら、あそこ」
と言う。300mmの望遠ではムリなので、SX60を三脚にセッティングしていたら、コジュ
リンちゃん、待ちきれないのかどっかに飛んで行っちゃいました。

宮さんと別れてがっくりして帰る途中、薄暗い田んぼに白いものが見えた。
双眼鏡で覗くと、美脚のセイタカシギだ。2年ぶりの再会だ。

セイタカシギ チドリ目セイタカシギ科 L37cm
IMG_8137 (1024x675).jpg

IMG_8149 (1024x683).jpg

近くにアオアシシギもいた
IMG_8134 (1024x684).jpg


アオアシシギだと思って撮った写真を、事務所で見てみたらなんと脚が赤い。
図鑑で調べると、脚が赤いのはツルシギかアカアシシギ。後日、宮さんに鑑定してもらうと
アカアシシギとのことでした。

アカアシシギ チドリ目シギ科 L28cm
IMG_8179 (1024x683).jpg

アカアシシギは、旅鳥としてまれに!渡来し、太平洋側の休耕田・湖沼などで見られる。
水辺で、昆虫等を採餌する。くちばしは赤く先が黒い。白いアイリングと赤い脚が特徴だ。
初見初撮は、今シーズン6種目。目標の150種までは、後20種。あ〜あ、先が長い。

尚、鳥の説明は「青森の野鳥」東奥日報社刊を参考にしています。

posted by koji at 20:04| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: