2015年06月02日

初見初撮NO.129 アオアシシギ 青森県東北町小川原湖野鳥

5月29日(金) 午前5時59分
霧が濃くどんよりとした朝だったが、小川原湖に行った。
護岸工事が終わった湖岸をゆっくり走っていたら、岸辺から「ピュルピュルピュルー」と鳴いて
鳥っこが飛び立った。初めて聞く鳴き声だ。そして、この所毎日見ているキアシシギより少し
大きい。飛んでいくのを見ていると、栄沼湖岸の端の方に降りた。静かに近づく。
初めて見る鳥だ!でも何という鳥か分からない。後で、野鳥研究家の宮彰男さんに見てもらったら
アオアシシギとのことでした。

アオアシシギ チドリ目シギ科 L32cm
IMG_7797 (1024x681).jpg

IMG_7805 (1024x684).jpg


アオアシシギは、旅鳥として普通に(ガクッ!)渡来。海岸、湖岸、河口、休耕田で、昆虫、甲殻類や
小魚を採餌する。くちばしは、少し上に反る(初めソリハシシギかと思った)。脚は、黄緑色。
褐色の羽の白い縁取りが特徴だ。

この後、防風林に行く途中七戸川河岸で宮さんに会う。オオセッカの鳴き声を録音していた
ようだ。立ち話をして、「コヨシキリがあまり良く分からない」と言うと「あっちにいるから」
と言うので移動。言ったとおりにいました。

コヨシキリ
IMG_7864 (1024x681)コヨシキリ7D.jpg
キャノン7D

IMG_1458 (1024x683)SX60.jpg
キャノンパワーショットSX60HS

動画を撮ってみました。再生できるか分かりません。


鳥の説明は、「青森の野鳥」東奥日報社刊を参考にしています。


posted by koji at 20:44| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: