2014年06月18日

続報!電車が消えた!十和田観光電鉄七百駅 青森県六戸町

電車が消えた七百駅

IMG_7839 (1024x683).jpg


IMG_7840 (1024x683).jpg


IMG_7844 (1024x683).jpg


IMG_7843 (1024x671).jpg


写真を撮っていたら、タオルで「正しい頬かむりの仕方」をした人が近づいて来た。
「どっからきたきゃ?」「わーが、わ、たがしずからだ」(どこから来たの?私は高清水
から来ました)

「おじさんのいえあ、どごだっきゃ?」「わのえあ、そごだ」と言ってすぐ近くを指差した。
(おじさんの家はどこ?私の家はすぐそこだよ)

ローカルな言葉での会話を書いても、意味不明の方が多いと思うので、このあとの二人の会話
を要約します。

おじさんは、「七百駅を守る会」の会長の斎藤さんである。
電車は、緑色の古いのと引っ張るやつがそこの車庫の中に入っている。

あとは、持って行った。十鉄で、電車を持って行くと皆に教えると、大騒ぎになると思って
黙ってやった、とのこと。

自分は、パソコンもインターネットも知らないから、「あんた、会さ入ってやってくれ」
と誘われる。う〜ん、又仕事が増えるかも。


IMG_7841 (1024x684).jpg


「ここあ、発電機でも入っていたところかな?」と聞くと、「電気を調整するとこだ」
と教えてくれた。

IMG_7845 (1024x663).jpg


七百駅に行く途中のふるさと駅跡

三沢方面を望む

IMG_7834 (1024x683).jpg


十和田市方面を望む

IMG_7833 (1024x671).jpg


朝、電車がいない七百駅を見たときは、何かトリックで電車を消されたような感じで
ぽか~んとしていた。

「やはり電車は、トレーラーで持っていかれたんだ」と認識したら、何か急にドキドキ
してきて、慌てて写真を撮った。

このドキドキは、十和田観光電鉄の歴史のワンシーンに遭遇したことからなのか、
突発性頻脈が出たのか分かりません。

posted by koji at 20:12| Comment(0) | 野鳥
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: